北ガスグループ12人の仕事 〜お客さまの信頼に応えるために。さまざまな仕事でサービスを支える、北ガスグループの社員がいます。〜

01

北ガスにしか作れない、HEMSヘムスを作ろう。

北海道ガス株式会社
スマートエネルギー推進部

辻 一誠

Kazuma Tsuji

HEMS(ヘムス)をご存知でしょうか。「Home Energy Management System」の略で、家庭内のエネルギー量を管理するシステムのことです。現在私が携わっているのが、このHEMSの開発。それも北ガス独自のHEMSです。

他社のHEMSは簡単に言うと「電気の見える化」がメインのシステム。家庭のどこでどれだけ電気エネルギーを使っているかを目に見える形で示すものです。一方、北ガスのHEMSは、部屋の熱(温度)に着目している点が特徴です。例えば、人がいない時に部屋を暖める必要はありませんよね。そこで、部屋に人がいないことを検知して、自動で部屋の暖房温度を下げ、エネルギー消費量を抑えるのです。寒さを我慢するわけではなく、暮らしの快適さを保ちながら省エネ・省CO2を実現するシステム。2018年の一般発売を目指して、開発に取り組んでいます。このように熱(温度)に着目したHEMSは前例がないと聞いています。本当に毎日がチャレンジ。もちろん想定外のトラブルもあって大変ですが、北ガスの歴史に大きな足跡を残す仕事。やりがいしかないですね。

省エネ実証モニターとして、札幌市内100軒のご家庭にご協力頂き、住環境を計測できるマルチセンサーなどを設置させて頂きました。私も自ら設置工事を担当して、お客さま宅をまわっていたのですが、そこで感じたのはHEMSへの期待の高さ。やはり北海道は、冬にエネルギー消費が高まります。本州と比べて3倍にもなると言われる暖房エネルギー。北国のエネルギー会社として、少しでもエネルギー消費量を下げ、省エネ・省CO2に貢献したいという想いを新たにしました。

HEMSは、まさにお客さまと一緒に作っていくもの。2016年秋には、センサーを設置したお客さま宅に再びお邪魔して、私たちが独自に開発したアプリをタブレットで試していただく予定です。ガスや電気の使用量や住環境状況を把握して、省エネのアドバイスを知らせてくれるアプリ。使い勝手など、お客さまから生の声を伺えることを楽しみにしています。それが、きっと私たちのHEMSの進化につながるはずですから。

HEMSは総合エネルギーサービス事業の目玉なので、必死でやっています。ただ、このような新しい事業に携わっていますが、仕事の基本は同じ。いつだってお客さまの声に耳を傾けて、地域の皆さまの近くにいること。それが、私たちにとって何より大事なことだと考えています。

■関連リンク:
HEMS開発に向けた取り組み 北海道ガス 省エネ実証
北ガスグループ 総合エネルギーサービス事業について

トップページに戻る