北ガスグループ12人の仕事 〜お客さまの信頼に応えるために。さまざまな仕事でサービスを支える、北ガスグループの社員がいます。〜

09

“見えない”からこそ、 いい加減な仕事はできない。

北ガスジープレックス株式会社
導管工事部

内田 進一

Shinichi Uchida

私は、ガス管工事の現場統括をしています。ガス管工事とは、一言で言うと、ガス管の新設や交換作業のこと。協力会社の皆さんと班を組み、業務にあたっています。1班は6〜8名ほどで構成され、その班をとりまとめ指揮を執るのが私の役目。安全・品質・工程に対して責任を負って、管理する立場にいます。ガス管工事は、大きく分けて3種類あります。宅地造成や建築に伴い、ガス管が通っていないところにガス管を設置する「新設工事」。老朽化したガス管を新しいものに交換する「経年入替」。ガス管を太くし、より多くのガスが流れるようにする「補強導管」。この3種類です。

工事の流れとしては、依頼の際にまず工事の計画図を受け取ります。重要なのは、その現場で過去どんな工事が行われてきたのかを把握すること。電気・水道・電話工事などによって地中には様々なものが通っています。それらの情報を踏まえて工程を組むことが、スムーズかつ安全な工事には必要です。私の仕事の8割が、この事前準備にあると言っても過言ではありません。しかし、現場に入ると、予め入手していた情報と異なる状況の場合もあります。その都度どう対処するか、判断することも私の役目です。

限られた工期の中で、安全に工事を行いお客さまにガスをお届けするためには、専門知識や強い責任感が求められます。だからこそやりがいがあります。ただ、安心安全を当たり前に実現していくことは、日々同じだと思っています。積み重ねていくことが大事。そうすれば自ずと、改善を図ることができ、高い品質を常にお客さまにご提供することで、強い信頼関係も築けるはず。きっと、来年も再来年も変わらないスタンスで、毎日毎日仕事と向き合っているような気がしますね。

■関連リンク:
北ガスジープレックス株式会社
総合エネルギーサービス事業について

トップページに戻る